【生後1ヶ月~6ヶ月】活躍した育児グッズを紹介

こんにちは、あゆです。

今回は、出産後1ヶ月から6ヶ月の期間中に活躍した赤ちゃんに関する育児グッズを紹介したいと思います。必需品から有れば嬉しいアイテムまでバラバラですが、これから出産準備される方の参考になれば幸いです。

授乳クッション

この抱き枕は、「有ると助かる」「便利」の次元ではなく、無いと困るアイテムです。そのぐらい、産前から現在進行形でお世話になっています。

産前は抱き枕として、産後はクッションの両端のボタンを繋いでドーナツ型の授乳クッションとして使えます。ちなみに、現在(生後8ヶ月)は子供が枕として愛用してます。

私はAmazonで購入しましたが、西松屋でも似たようなアイテムを似たような価格帯で見かけました。むしろ西松屋の方がちょっと安いかも?

 

エールベベ 『クルットNT2プレミアム』

子供を車に乗せるならチャイルドシートは必須になりますが、下は数千円から上は5万円以上と価格帯に差が有って、どれが良いのか分からず結構悩みました。当初は1万円くらいの座席部分が動かない物を検討していたのですが、実際にチャイルドシートを利用している知人に聞きこみを行った結果、価格は高くなりましたが評判の良かったものを購入しました。今のところ概ね満足してます。

こちらの「クルットNT2」、名前の通り座席部分が可動式になっていて、クルッと360度回す事が出来ます。これが想像以上に便利!我が家の小さな軽自動車でも乗せ下ろし楽々です。生後1週間の新生児期にも問題なく乗せる事が出来ました。ただ、ベルトの長さの微調整が若干ややこしく、慣れるまでは毎回説明書を取り出して調べる必要が有ったので、そこだけちょっと難点でした。

保温ポット

ミルク用の熱湯を保温するポットは必須です。毎回沸かすと時間も電気代もかかりますが、ポットが有れば1日に2、3回沸かして入れ替えればOK!片手で持ったりお湯を出したり出来る物がオススメです。

薬液消毒ケース

哺乳瓶の消毒に活躍しました。当初は「百均の適当なケースで良いかな」と考えていましたが、意外と丁度いいサイズ(大きい哺乳瓶が入る)の容器がなく、サイズは良くても蓋が無かったり、蓋が有っても大きすぎたり。その点こちらは哺乳瓶用の消毒ケースなので安心。哺乳瓶3本同時消毒可能、蓋有り、レンジも対応、と言う至れり尽くせり仕様で、容器を探すのが面倒になりこちらを購入しました。なお、ピジョン以外の哺乳瓶を消毒する場合はケースに入るかサイズ等々事前確認をおすすめします。

近所の薬局や西松屋でも取り扱っていましたが、購入当時はAmazonが一番安かったのでAmazonで購入しました。

加熱処理済みの水

出産して初めて知ったのですが、赤ちゃんは浄水器の水を直接飲ませちゃ駄目なんだそうです。理由は色々らしいのですが、とりあえず「雑菌に対して免疫が無い」のが一番の理由だとか。なので、お風呂上がりの白湯やミルクの調乳に使う水は一旦沸騰させた上で冷まして使う必要が有ります。これが意外と面倒くさい。なにせ毎日の事ですし、衛生的な事も考え出すと、あー、面倒くさい。

なので、我が家は加熱処理済みの市販の水を利用する事にしました。加熱処理されていて近所のスーパーでも買える水を調べたら「サントリーの天然水シリーズ」「いろはす」が使えるようでしたので、天然水を箱買いしてます。他にも使える水は有るようですが、すみません、当時参考にしたサイトが見当たりませんでした。調べると色々なサイトが説明してくれているので、赤ちゃんに飲ませたい方は調べてみてください。

液体ミルク

日本でもようやく発売されたと言う事で話題になった液体ミルク。我が家も恩恵を受けさせてもらってます。販売を目指して動いてくださった先輩方に心から感謝です。

液体ミルクに関してはどこで買っても大体値段が一緒なのでAmazonでダース買いしました。グリコの「アイクレオ(125ml)」と、ほほえみの「らくらくミルク(240ml)」の2種類が有ります。量に大きく差があるので、子供の飲む量に合わせて選ぶと良いかなと思いいます。

我が家は生後1か月の頃に初めて飲ませましたが、特に嫌がる事も無くゴクゴク飲んでくれました。むしろ最近(9ヵ月)の方が飲みが悪いです。おそらく常温が飲みにくいんだと思います。
  

ブレンダー(ミルサー)

離乳食作り、特に離乳食初期に必須と言っても過言では無いのがこれ、ブレンダー。なにせ食材すべてドロドロに加工する必要が有ります。網を使って手で潰す方法もありますが、めちゃくちゃ大変です。我が家も最初は(ミルサーが有る事を忘れていた為)手動で頑張っていましたが、労力の割に出来上がる量は少なく、離乳食作りが億劫になってましいた。そのタイミングでミルサーの存在を思い出し、試しに使ってみたところ、手動と比べて早い上に楽で衝撃を受けました。そこまで高い物じゃなくても大丈夫だと思うので、ぜひご一考ください。

スマートスピーカー

友人から誕生日プレゼントで貰ったスマートスピーカー(Google Home)が、産後何気に大活躍してます。料理をしながら音声でタイマーをセットしたり、子供をあやしながらラジオや音楽を流したり。

最近、離乳食の準備で手が離せない中、ダメ元で

「おっけーぐーぐる!じゃがいも何分くらいレンチンすれば良い?」

と聞いてみたら

『●●のページによると(~略~)1個3分を目安に加熱と書かれています』

と教えてくれて衝撃を受けました。そして美味しいホクホクのじゃがいもが出来ました。凄い時代になりましたね。出始めの頃に比べて価格も落ち着いてきましたし、導入を検討してみてもいいかも知れません。個人的には、子供のギャン泣きで精神状態がやばい時の話相手におすすめです。少なくとも赤ちゃんよりは会話が成立します。

蓋付きゴミ箱

蓋付きゴミ箱がオムツ廃棄場として地味に良い仕事してくれてます。産前「専用のゴミ箱はいらないかなー」と考えていましたが、やっぱり蓋が無いと臭いが漏れます。うっかり蓋を閉め忘れるとリビング中にオムツ臭が広がる広がる。蓋がしっかり臭いを遮断してくれているようです。ゴミ箱はリビングに置いていますが、蓋さえ開けなければ臭いも発せず良い仕事してます。

とは言え、わざわざオムツ専用のゴミ箱は買っておらず、ホームセンターで売っているような、足で踏んで蓋を上げるタイプのゴミ箱を使ってます。

ムーニーのおしりふき

お尻拭きは何種類か試しましたが、私的には布?紙?が 1枚1枚切れて繋がっていないMoonyのお尻拭きが1番使いやすかったです。「そんなの当たり前でしょ?」と思うかもしれませんが、意外と繋がってるお尻拭きが多い。その方が便利な場面が有るのかな?

ちなみにAmazonで買うと高いです。我が家の近所だと西松屋が最安値でした。

最後に

以上、生後1ヶ月から6ヶ月の間で活躍したアイテム紹介でした。

ちなみに、わざわざ出産の為に買ったわけではないけど買い換えて良かったのは「iPhone」です。出産直前にAndroidから乗り換えまして、人生初iPhoneになりました。毎日何十枚も写真やら動画を撮影し、iCloudから自宅のNAS(LANに繋げるハードディスク的な物)にちまちまバックアップしてます。スマホなら必ず手の届く場所に有るので撮影が捗りますし、撮影した写真や動画はそのままアプリ「みてね」に登録して祖父母にも見て貰えるので大変好評です。本当、便利な時代ですね。もちろんAndroidでも似た事は出来ると思います。スマホを子供撮影用に特化すると諸々捗って有りだなぁ、と思いました。まる。おすすめです!

新着記事

最新の記事

アーカイブ

トップへ戻る