パワーポイントがわりに「Slides」を使ってみた

2016.04.05

会社の勉強会で発表をすることになったので、以前から気になっていた「Slides」を使ってみることにしました。
「Slides」は、ブラウザ上でパワーポイントのような資料を作成できます。
パワーポイントの代替として有名らしく、海外のサービスですが説明サイトがたくさんあります。

と言うわけで、今回は「Slides」を利用してみたいと思います。


ユーザ登録

以下URLからSlidesのサイトを開きます。
https://slides.com/
Sign upからユーザ登録ページへ。

プランを選択します。今回はとりあえずFreeでいきましょう。
slides

ユーザ名、メールアドレス、パスワードを入力し、自分がロボットでは無いことを証明するチェックを入れます。
最近この「ロボットじゃないですよ」チェックボックスよく見かけますね。
slides

以上で登録完了です。もうスライダー作成できます。早い。
slides

スライダー作成はこちらから。
slides5

スライダーを作成

各ツールの詳しい使い方はこちらのサイトを参考にしました。
寝ログ/無料プレゼンツール「Slides」が手軽に使えてよさげnerog

左側のメニューからテキストや画像など追加したいコンテンツを選択します。英語が苦手な私でも直観的に操作できるUIは優れものです。
slides

作成したプレゼン資料も簡単に再生できます。
slides

スライダーの再生もブラウザ上で行います。マウスから操作も可能ですし、キーボードでの操作も可能です。もちろん、タッチパネルモードでもスライドで操作できました。


かなり飛ばし気味でしたが、以上「Slides」を簡単に使ってみた報告でした。


使ってみた感想

会員登録からスライダー作成までが早くて驚きました。
欲しい機能も一通りそろっています。かゆい所に手が届かない事もしばしば有りますが、フリーでここまで使えれば文句無しです。
なにより、ブラウザ上で作成できるので会社からも自宅からも楽々作成、簡単共有。ここが最大の魅力でした。

このスライダー、うまく利用すればサイトにも活用できそうです。

関連する記事

CATEGORY

ARCHIVE

NEW