【雑記】仕事を辞めたので将来について考える

2017.07.25

こんにちは。あゆです。

突然ですが仕事辞めました。現在はフリーランスとして主にPHPプログラマーしてます。お仕事ください。

 
仕事を辞めた理由は、「立ち止まって将来について考えたくなった」から。

新卒でプログラマとして就職し、気付けば30歳も目前。

ここまで立ち止まる事なく進んで来ましたが、今後このまま進んでも良いのか、他の道も検討するべきじゃないのか。ここ数年、少しずつ迷いが膨らんでいました。

しかし、迷えど迷えど答えは見えず、答えが出ないから面倒になって考えるのが後回し。

 
埒が明かないので、「えいやー!」と会社を辞めてみました!

 
会社を辞めてから約2ヵ月、考えた末に出た結論は
今まで通り、プログラマとして生きていく。
 
あんなに悩んだのに結局そのままかーい!と思わなくもないですが、今は驚くほどスッキリしてます。憑き物が取れたみたいです。

 

自分の居る場所が最善じゃないように思えてしまう

わたくし所謂『WEBプログラマー』をしているのですが、仕事に関する勉強がまったく楽しくありません。

「勉強なんて楽しく無くて当たり前」と言われそうですが、

WEB界隈は多いんです。勉強が大好きな方々。

 
暇が出来れば技術書を読み、ゲーム感覚で開発をする、社外の勉強会なんてちょっとしたパーティーですよ。

そう言う方々からは「技術に触れているのが楽しくて仕方がない」感がビシバシ伝わってきます。

 
そんな精力的に活動する方々が居る一方、私の勉強は必要に迫られてやる義務的な物です。隙間時間に技術書を読む人、ゲームをして遊ぶ人、どちらの方が優秀な技術者になるかは明らかでしょう。

 
努力を努力と感じず日々の学習を楽しむ方々を身近で見ていると、

私にも努力が苦に感じないほど「楽しい」と思える分野が有るんじゃないだろうか。

もしかしたら私の居るべき場所はここじゃ無いのかもしれない。

そう思えてきます。
 
選ぶから迷うんだ、今いる場所で必死に頑張ろう!…と、無理やり納得してみても、やっぱり心の何処かでモヤモヤウジウジ。

ぜんぜん納得できてません。
 

楽しいと思える分野を仕事にするには

…と、言う経緯が在りまして、

悩んでばかりで前に進めないので「えいやー!」と会社を辞めた次第です。

 
仕事を辞めてすぐ、楽しいと思える分野を活かせる他業種への転職を真剣に考えはじめたのですが、1つの問題に気付きました。

 
楽しいと思える分野がなに一つ無いんです。

仕事に拘らず、趣味や日常生活にまで視野を広げてみても、なに一つ。

 
瞬間的な「楽しい」なら結構あります。旅行、飲み会、カメラ、ゲーム、などなど。

でも、継続して楽しいと思える趣味がなに一つ無い!

 
困りました。技術どころか「楽しい」ことがなに一つ無いなんて。私は普段なにを楽しみに生きてるんでしょう。自分のことながら不思議です。

 
と、ここで一つ疑問が生まれました。

そもそも「楽しい」って何でしょう?

どんな時に感じて、どうすれば継続して楽しいと感じられるのでしょう。

 
いつも意識していないから、言葉で説明しようとすると案外難しい。

「楽しい」と感じるものは運命で決まっていて、それに出会いさえすれば無条件で「楽しい」と感じるものでしょうか?

…冗談で書きましたが、そう言う「楽しい」も有るかもしれませんね。自分の性格や趣向にバッチリフィットしていて、意識しなくても「楽しい」と感じられる物。小学生くらいまでは有った気がします。

 
ちょっと話は逸れますが、うちの旦那は麻雀が大好きです。

週に何度か職場の方々と打ちに行き、スマホでも隙あらば打ってます。他にもプロ雀士の大会を見たり…とにかく好きみたいです。

そんなに好きなら理由が有るだろうと、なぜ好きなのか聞いたら「分からない」と言われてしまいました。とにかく楽しくて仕方が無いそうです。勝っても楽しい、負けても楽しい。ちょっとした狂気を感じます。

でも、初めて麻雀を打ったときから楽しかったのかと聞けば「そうでもなかった」とのこと。

 
以上の話なんかも参考にしつつ、自分なりに「楽しい」について考えたのですが、

思うに「楽しい」とは『快感』から得る物で、楽しさの継続に必要なのは『餓え』なのかなと。

強くなりたい、上手くなりたい、もっと知りたい、と感じるのが『餓え』。

達成できた時に感じるのが『快感』。

この餓え→快感のサイクルを多く達成できる物に対し、継続して楽しいと思えるようになるのかなーと。

 
考えてみると、達成しやすい目標に向かって行動している時は楽しかったような気がします。

例えば、知人へ技術的な説明をする為の勉強や、社内での発表資料作成。趣味だとゲームの金策や、錬金用の素材集めなど…。

 
と言う事は、

何事も自分次第で「楽しい」と感じるように出来るってことじゃないですか!?

楽しいは作れる!
 

技術者として進むことにします

自分次第で何でも「楽しい」と感じられるようになる。

それなら私にだって技術の勉強が楽しめるはず!!

他に継続して「楽しい」と思える分野も無いですし、新規分野で「楽しい」を開拓するより今いる場所で「楽しい」を見つける方がローリスク、低コスト。

 
ようやくここで冒頭の結論を回収。

今まで通り、プログラマとして生きていこうと思います。

この結論に至ってから意識的に技術系の勉強が楽しくなるようにしているのですが、今のところ順調に勉強が楽しいです。

 
本当は「勉強を楽しめない」以外にもプログラマを続ける上での懸念事項は沢山あります。懸念だらけです。

でも、そう言う諸々を心配して進まずに居ると、結局どこにもたどり着けないんですよね。先の事なんて分かりませんし、案ずるより産むが易し。

って、 清沢哲夫さんが書いてました!「この道を行けばどうなるものか~」の詩です。
参考:「この道をいけばどうなるものか」から始まる言葉の全文が知りたい。良寛の言葉らしい。

とりあえず進んでみて、問題が発生したらその時に考えればいいかなーと思います。

A地点に向かって進んだ結果、B地点へ到着したって別に問題は無いはずです。

とりあえず、歩き続ける事だけ止めなければ、あとは何とかなります。たぶん。

関連する記事

CATEGORY

ARCHIVE

NEW