【2017年用手帳】 使いやすい自分だけのオリジナル手帳を作る

2016.12.15

今年も来年の手帳を選ぶ季節がやってきました。手帳を選ぶ時ってワクワクしますよね。

ライフスタイルに合わせた手帳を手作りする

手帳は好きです。ですが「毎日こまめに記録」と言う習慣が身に付かず、市販の手帳を買ってしまうと殆どのページが真っ白のまま1年が終わります。1日1ページ、自由に、沢山、思っている事を書きたいと思う反面、書きたい日と書く事の無い日で差が激しく、そのどちらにも沿った手帳を探すのは至難の業です。

要件に合った手帳が無いなら作れば良いじゃない、と思ったのが手帳を組み合わせて作ろうと考えた発端でした。

「どんな手帳を作ろうかなぁ」と考えたところ、手帳に求める条件はこんな感じになりました。

  • カレンダーが欲しい
  • カバーは皮(合皮でも可)
  • 好きなだけ書ける自由記入ページが欲しい
  • 自由記入ページは方眼目の用紙が良い

以上の条件を元に、今年はA5サイズのルーズリーフを使って手帳を作ることにしました。組み合わせは至ってシンプル。

準備する物

dsc_0924

  • A5 20穴 バインダー
  • A5 20穴 手帳(カレンダー)
  • A5 20穴 方眼ルーズリーフ

ファイルとルーズリーフは文具屋さんで好みの物を探してきました。問題はカレンダー、意外と無いんです。私が探した範囲では「A5 20穴 カレンダー」に該当する製品が1つだけでした。

組み合わせてみる

それでは、買った商品を組み合わせていきます。

バインダー


キャメル色の合皮にしました。家に帰って気づいたんですが、結構小さいです。入る容量がそんなに多くありません。あと、輪っか部分の取り扱いが若干不便です。
dsc_0928
ペンを指すホルダーが着いてます
dsc_0925

 

カレンダー


次はカレンダーです。
dsc_0929中はこんな感じ。4人分くらいなら誕生日書けます。

dsc_0934週刊ダイアリーは12ヵ月分入れるとバインダーがパンパンになるので2ヵ月分だけ入れました。適時入れ替えていきます。

 

自由記入エリア

自由記入用に方眼罫のルーズリーフを使います。

以上で完成です!

使い方

予定はカレンダーに、記録は自由記入ページに書込んでいきます。
この手帳の最大の魅力は、ルーズリーフさえあれば会社だろうが自宅だろうが場所を問わずに記録が可能な点です。つまり、仕事用手帳とプライベート用手帳の切り分けが簡単に出来ます。手帳自体を分けてしまうと重いし管理が難しいしで続かないんですよね。これなら安心です。

まとめ

これで来年の手帳が出来ました!市販品を組み合わせて作っただけですが、全体的に自分好みの仕上がりに出来たので満足です。やっぱり色々考えて作ると愛着が違います。
2017年はこの構成で手帳ライフ楽しみます!

関連する記事

CATEGORY

ARCHIVE

NEW