初心者2人でスノーボード旅行に行って来た

2017.03.23

こんにちは。あゆ(@AyumiFolio)です。

今年の冬は旦那と二人で日帰りスノーボードへ行ってきました!
何を隠そう我々、揃ってスノーボード初心者です。つまり今回、初心者のみでのスノーボード旅行となります。

旦那はスノーボード人生初、純度100%初心者
私も人生で2回目、木の葉滑りが出来る程度の初心者です。

今回は、旅を振り返りながら初心者のみでスノボ挑戦は可能なのか所感を書きつつ、後半でスノーボードの思い出を書きたいと思います。

初心者だけでスノボは可能か

まず本題、初心者だけでスノーボードに行く事は可能か。

これは、可能だと思います。ただし、あまり積極的にはお勧めしません。熟練者と一緒に行くより遥かにハードモードです。

初心者だけで行く場合、最低でも以下3点をクリア出来る人が1人は必須だと思います。

  • ウェアの着方が分かる
  • リフトの乗り方が分かる
  • ボードを身に付けた状態で斜面に立てる

これが分からなければ、リフトに乗るどころかゲレンデに出る事もままなりません。分かる人が居ないなら、素直に「スノボ初心者専用ツアー」的な物の利用をお勧めします。例えばこんな感じのツアーですね。

と言うか、何はともあれ初心者メンバーで行くならスノーボード教室は受講した方が良いと痛感しました。教えてくれる人が居ないと上達しません。いや、出来ない事はないのですが、非常に効率が悪いです。熟練者に教わればスノボ初体験でターン習得も可能だと聞きますが、私は2回目にしてターン習得できませんでした。悔しい。

それから、単純に危険です。ウィンタースポーツ全般に言えますが、慣れないうちは自分の意思で止まったり滑ったり出来ません。そうすると何が起こるか。崖から落ちたり、他の利用者に衝突したり。そんな事故の確率が高くなります。

と言うわけで、「初心者だけでスノーボード旅行は可能だが、教室等の受講を検討した方が良い」が私の所感でした。開催される教室の情報は、ゲレンデの公式HPから確認できます。

スノボ旅行の振り返り

ここからはスノーボード旅行の記録になります。

今回我々は新大阪発の日帰りツアーを利用しました。行き先は兵庫県北部にあるおじろスキー場、初心者向けとして有名なゲレンデだそうです。滞在時間は約6時間と、日帰りにしては長く滑れるツアーでした。

新大阪駅を出発

朝7時15分。

新大阪駅のバスターミナルへ到着すると、朝早い時間帯にも関わらず人がごった返していました。どうにも殆どの人がゲレンデ行きのツアー参加者です。大阪発のスキー・スノーボードツアーと言えば新大阪発が多いそうです。

人混みに紛れながら受付開始を待っていると、誘導スタッフが「●●時出発のツアー参加者は受付を行ってください」と誘導を始めました。これ、しっかり聞いとかないと聞き取れません。そのくらい人が凄いです。しかも全員が同じ時間出発時間では無いので、あまり周りをあてにしない方が良さそうです。

誘導の通り人の列に並んでいると、思っていたより早く受付の順番が回ってきました。受付スタッフに予約名を伝えると、その名前をもとに必要な書類を持ってきてくれます。これで受付は終了です。機械化されていないのに驚くほど効率化された流れ。ちょっと感動しました。受付後は更に10分程待ち、バス乗車の誘導が始まったらバスへと乗り込みます。

おじろスキー場


バスに揺られる事、約4時間。ちょっと遅れが発生したものの、無事おじろスキー場へ到着しました。

案内に従って宿泊施設へと入り、その施設内で着替えたり荷物を預けたりします。ウェアやボードのレンタルは別棟、ゲレンデへ登る為のゴンドラ乗り場横です。2人でアタフタしながら何とかかんとか装備を整え、ようやくゴンドラへ。


準備だけで軽く40分が掛かりました。

ゴンドラ

ゴンドラに揺られること約10分(体感です)。ゴンドラは私と旦那の2人で乗れました。混まない限りグループ毎に乗せてもらえるみたいです。気を使わなくて良いのは有難い。

窓から外を見ながら「落ちたら助かりそうもないね」と不吉な話をしつつ到着を待ちます。

ゲレンデ

ゴンドラを降りたらゲレンデが見えてきました。四苦八苦しながらボードに靴を固定し、フラフラしながらリフトへと向かいます。ボードで前に進むのって一苦労なんですよね。なにせ足が変な方向に曲がってます。慣れないうちは前に進む事さえ、ままなりません。

リフト

必死の思いで何とかリフトに乗れました。旦那も私もリフトに乗るのがやっとで、一緒に乗る事なんて出来ませんでした。

リフトの何が怖いって「降りるとき」だと思うんです。固定していない側の足をボードの上に乗せ、リフトに押し出される形で滑るのですが、これが難しい。基本転びます。と言うか、転ばなかった事が有りません。転ぶと後続の人に影響が出るので、いっつもヒヤヒヤです。

いざ滑降

旦那のペースを見ながら、徐々に山を下ります。

初めてのスノーボードは、斜面で立ち止まる事さえ苦労します。私も相当苦労しました。そして、例外なく旦那もリフト3往復くらいまで「わざとかな?」と思う勢いで転んでました。立ち上がって転び、少し滑って転び。いやー普段なにをやっても負けるので、地を這う旦那を見るのは非常に愉快です。

そんな事を密かに考えていたからでしょうか。帰る頃には私より滑れるようになった旦那が居ました。運動神経良い人はズルいですな。

この日、リフトに乗った合計回数は6回だったと思います。朝は柔かった雪も、帰る頃には皆に踏み付けられシャーベット状に変わっていて、私もかなり転びました。最後には滑る事に若干の恐怖を感じ、ターンも習得できないまま旅行は幕を閉じました。

まとめ

今回のメインテーマ「初心者だけでスノーボード旅行は可能か」に関しての私的な意見は「可能」です。でも、やっぱり教室等には頼った方が良いと思います。雪山は危険ですし、折角いくなら上達したいですからね。

思っている程ウィンタースポーツ好きって少ないんですよね。スノーボードへ行きたいと言い出して、かれこれ5年が経過してしまいました。今回スノーボードに行けたのも旦那のおかげです。嫌々でも付き合ってくれた旦那に感謝!

関連する記事

CATEGORY

ARCHIVE

NEW