京都の宇治 平等院鳳凰堂へ観光旅行に行ってきました

2016.09.25

こんにちは。あゆ(@AyumiFolio)です。

今年のシルバーウィークは友人達と日帰りで宇治観光へ行ってきました!(大阪の)京橋駅から約1時間、乗り換え1回。近場なのに非日常を感じられる穴場スポットです。


大阪から宇治へ

朝の9時過ぎ。待ち合わせの京橋駅へと向かいます。友人達が京橋駅に着いたみたいで、到着を知らせるメッセージが届いていました。待ち合わせまで20分。ちょっと早すぎやしませんかね。

今回、宇治まで一緒に行く友人達は全幅の信頼を寄せる貴重な存在です。以前は数か月に一回ほど、このメンバーで遠出をしていたのですが、忙しさも手伝って最近は遠出が出来ていませんでした。今回は久々のプチ旅行です。楽しみ!

連休初日とあって京橋駅前は沢山の人で溢れていました。
到着していた友人達と合流して、さっそく宇治へと向かいます。今回は安くて速い京阪電車を使うことにしました。京橋から出町柳行きの特急に乗れば、中書島駅まで約30分、中書島から宇治駅まで約15分、計45分の旅です。

特急待ちの列に並んで待つこと少々。到着した電車に乗り込むと、連休だけあって車内はそれなりに混雑していました。枚方パークに行くのかな?

車窓からの景色を眺めながら友人達と会話を楽しめば、あっと言う間に宇治へ到着です。

さて、宇治駅へ到着したところで、今回の旅「宇治観光」が始まります。

まずは茶蕎麦で腹ごしらえ

宇治観光
宇治駅のマップを見ながら今日の経路を確認します。

ふむふむ、平等院鳳凰堂に向けて歩けば、お昼処も有りそうです。いちおう人気のお店を調べて来ましたが、どこも行列は当たり前なのだとか。だったら、ネットに載らない美味しい店を探すのも有りか?と言うことで、まずはお昼ご飯を探しに歩きます。

ちなみに、今回の宇治観光コースは
平等院鳳凰堂→宇治神社→宇治市源氏物語ミュージアム
です。

京阪宇治駅
宇治駅

宇治川
宇治駅を出ると、右側に立派な橋が見えてきました。大きな川に掛かっているだけあって、大きな橋です。

宇治川
橋の上から川上を見ると、二股に分かれる不思議な形をしています。

宇治 紫式部
橋を渡ると唐突に紫式部が出現しました。紫式部と言えば、優れた文才で有名な女性。憧れの人です。とりあえず拝んでおきましょう。

宇治
紫式部像の前を通過すると、観光街らしき道へと繋がります。ここなら美味しいお昼ご飯に出会えそうです。

宇治
商店街のお店を一通り確認した上で、お蕎麦を打っているこちらのお店でお昼を食べることにした。

そば
…写真ボッケボケですね。メニューは色々合ったのですが、食べ比べをしたくて普通のお蕎麦と茶蕎麦のハーフ(1,100円)にしました。緑の方は、確かにお茶の風味が有ります。

店先で蕎麦を打つご主人の見送りの言葉を聞きながら店を後にすると、順番待ちの行列がズラリ。10分程度の待ちで入れた私達はタイミングが良かったみたいです。

お腹も満たされて、いよいよ平等院鳳凰堂へ向かいます。

平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂
平等院鳳凰堂へ到着!入場料は大人1人600円です。

平等院鳳凰堂
中へ入って少し歩くと、すぐ右手に建物が見えてきます。

平等院鳳凰堂
10円玉の建物だ!でも茶色くない!!

やっぱり正面が人気でシャッターチャンスがなかなか訪れませんが、粘り強く待っていればチャンスが訪れます。たぶん。

平等院鳳凰堂の前を通り過ぎて順路を道なりに進むと、なにやら洞窟のような場所へ繋がります。戸惑いながら洞窟へ入ると、中はクーラーの効いた近代的な空間でした。洞窟の中は平安時代の絵や仏像、出土品などが展示されています。

平等院鳳凰堂
洞窟を抜けると出口へ繋がる道に出ました。十分に満喫したので平等院鳳凰堂を後にします。

ちなみに、平等院鳳凰堂では決められた時間に開催されるツアーに同行すると内部見学ができるそうです。

宇治神社

宇治
平等院を出たら、橋を渡って宇治神社に向かいます。

橋を渡ってすぐ正面に宇治神社が現れました。

恐る恐る中へ入ると、朱色の鮮やかな神社を発見(写真は撮り忘れちゃいました)。
家内安全商売繁盛無病息災心願成就良縁をお祈りしておきます。

ちなみに祭神は『菟道稚郎子』。以下、wiki引用。

第15代応神天皇の皇子。天皇に寵愛され皇太子に立てられたものの、異母兄の大鷦鷯尊(のちの仁徳天皇)に皇位を譲るべく自殺したという美談で知られる。

現在の平成に至る歴史の中、王位を巡って兄弟を殺そうとした人物は沢山いましたが、皇位を譲る為に自害した人物は記憶に有りません。どんな背景があって、どんな想いで自害をしたのか。当事者のみぞ知るところでしょうが、想像せずにはいられません。

さて、宇治神社で参拝をしたら、次は宇治上神社へと向かいます。

宇治上神社

宇治神社から少し歩くと宇治上神社への入り口を発見しました。

宇治上神社
足を進めると、地味…なんとも趣ある建物が見えてきました。こちらが宇治上神社のようです。
なんでも、この建物は平安時代の後期に作られた建物で、現存している神社としては日本最古なのだとか。そりゃ趣を感じるわけです。

宇治上神社
神社の横には「桐原水」と呼ばれる宇治七名水の1つ(に触れられる建物)が有ります。割と狭い上に人が続々と来るので私は触れなかったのですが、水に触れた夫と友人曰く「水だった」そうです。そらお湯じゃないだろうなぁ。

さて、ここで湧き上がる1つの疑問。宇治神社と宇治上神社はこんなに近くに有るのに、なぜ別の名前なんでしょう?気になったので調べてみました。

かつては隣接の宇治神社と二社一体で、宇治上神社は「本宮」あるいは「離宮上社」(りくうかみしゃ)と呼ばれ、宇治神社は「若宮」あるいは「離宮下社」(りくうしもしゃ)と呼ばれていたが、明治時代に分離した。
引用:宇治上神社・宇治神社

…なるほど。現在は別物だそうです。祭神は宇治神社と同様『菟道稚郎子』と、それから『応神天皇』(父)、『仁徳天皇』(兄)だそうです。なんか喧嘩が発生しそう。

宇治市源氏物語ミュージアム

次は源氏物語ミュージアムに向かいます。平等院鳳凰堂から宇治神社へ移動するときに渡った川に背を向け歩くこと約10分。木々の向こうに綺麗な建物が見えてきました。

源氏物語ミュージアム
観覧料は大人1人500円です。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

館内の写真を撮っていなかったのですが、中には源氏物語に沿って様々な展示や映像上映が行われています。
源氏物語と言えば、漫画『あさきゆめみし』を途中まで読んだ程度の知識しか無いのですが、とりあえず光源氏が『養子として迎え入れた幼い少女に手を出したクズ』なイメージです。12歳で子供を産む姫も居たとか聞きますし、作品当時としてはセーフだったんでしょうね。

館内を見ていく中で、興味を惹かれる物語が沢山みつかりました。中でも『大君』の物語が面白い!まるで少女漫画のようです。エリートイケメンに口説かれるなんて!!(イケメンとは言っていない)ちょっと切なく悲しい結末も美味しい。

源氏物語の内容を詳しく知りたい方は、こちらのサイトが分かりやすく書いてくださっていました。

抹茶スイーツ

宇治市源氏物語ミュージアムを出たら観光街まで戻ります。目指すは抹茶スイーツ!人気店はバッチリリサーチ済みです。

…と思ったら、人気店には長蛇の列ができてました。1時間待ちだそうです。待っているお客さんの会話を聞いてると、海外の方が多いのかな?流石に1時間はつらいので諦めてお店を後にしました。
それでも口とお腹はスイーツ状態。Oh My スイーツ!!

スイーツを探して徘徊していると良さそうなカフェを発見!お昼ご飯を食べたお店のすぐ近くです。そこで抹茶スイーツをいただくことにしました。

きたきた抹茶スイーツ!やっぱり宇治に来たなら食べないわけにはいかないですよね!友人は何故かタピオカココナッツミルク飲んでましたけど!なんでやねん。


締めくくり

抹茶スイーツを食べ終わったら、これにて本日の旅は終了です。来た時と同じ橋を渡り、来た時と同じ京阪電車に乗って帰ります。

太陽はすっかりオレンジ色に変わって電車待ちの顔面に直射日光を浴びせてきます。まぶしい。帰りも中書島乗り換えで京橋駅へ帰りました。帰る電車も来る時と同じで友人達との会話が楽しくて、あっと言う間に京橋駅でした。

やっぱり気心知れた友人達と行く旅行は楽しいです!また行けると良いな。今度は姫路か、はたまた泊りがけの温泉か。楽しみにしています!
…さて、仕事しよ。

一緒に行った友人のブログはこちらから!
日帰り宇治観光~2016~/きままブログ

関連する記事