ロードバイクを輪行して宮崎へ帰省した時の記録

2016.04.09

昨年の夏、ロードバイクを輪行して宮崎の実家へ帰省しました。その時の話を、今回から3回に渡って書いていきたいと思います。

どんな事でも「初めて」はワクワクしますね。完璧ではありませんでしたが、それでも楽しい輪行初体験でした。そのときのワクワクドキドキを、少しでも共有できれば嬉しいです。

関連する過去の記事はこちらからどうぞ。


神戸フェリーターミナルまで輪行

大阪から宮崎へ帰るにあたって「宮崎カーフェリー」を利用しました。
ロードバイク(自転車)をフェリーへ載せるには、乗船料金+約2,000円がかかります。でも、輪行袋に入れて自分の寝床に収納出来れば追加料金なしで良いそうです!なので、2等寝台の予約を取って、そこへ収納することにしました。

輪行練習
輪行袋は前日のうちにまとめました。さっそく神戸のフェリーターミナルに向かって出発です!!
荷物は、ロードバイク、大きめの肩掛けバッグ、リュックの3つになります。

輪行
駅まで片道20分。何度も休憩しながら、なんとか駅まで歩きました。
なんし重い。とにかく重い。いくら軽いと言っても10㎏は流石に重い!!ちょっと泣きそうでした。

電車は、平日の昼間、鈍行を選んで乗車したので特に何事もなく乗車できました。大きな荷物を抱えて電車に乗っているので車内の方からはチラチラ見られましたが。照れますな。

三ノ宮 バスターミナル
三ノ宮駅へ到着。次は、駅前のバスターミナルから、フェリー乗り場行きのバスに乗ります。

宮崎カーフェリー
なんとかフェリー乗り場へ到着!!つかれたー!!結局、移動に2時間ほどかかりました。体力が残っているうちに乗船手続きを済せ、そのままフェリーへ乗船します。

さて、ロードバイクですが、実は寝床へ持ち込まずに済みました。と言うのも、平日でフェリーの利用者が少なかったらしいく、スタッフさんのお心遣いで出港後に鍵の掛かるスペースへ置かせてもらえることになりました。
心から感謝です。ゆっくり眠れます!!ありがとう、宮崎カーフェリー。
※普通なら寝床へ持ち込みですので、ご注意ください。

宮崎カーフェリー
これが2等寝台です。カーテンをすれば個室になります。

宮崎カーフェリー
枕元に灯りがあって、コンセントも付いています。長い船旅を快適に過ごせるので二等寝台おすすめです!皆様も機会があれば是非利用されてみてください(*´∀`*)ノ

さてさて、それから待つこと約8時間

宮崎港
夜が明け朝になりました。フェリーは無事に宮崎港へ着港したようです。あいにくの雨模様です。

宮崎
預かっていただいたロードバイクを受け取り下船しました。大きな問題も無いまま、初めての輪行は終了です!よかったよかった。

さて家までロードバイクに乗って帰…る予定だったのですが、両親が迎えに来てくれたので、車に乗せて実家へ帰りました。


まとめ

はじめての輪行をしてみて分かったのですが、やっぱりロードバイク重いです。肩からかけても重い。背負ってみても重い。輪行の中で徒歩の時間が一番の苦痛でした。非力な私にはつらい!

それから、三ノ宮駅は人が多すぎてロードバイク持ち歩くのが怖かったです。軽く動くだけで誰かに当たりそうになります。

今回の教訓。輪行するにあたって、交通機関や道の事前調査は何よりも大事でした。あんな重い物を持って迷子になるなんて、ゾッとします。

関連する記事

CATEGORY

ARCHIVE

NEW