ポタリング記録 もう山は勘弁

2015.12.24

昨日は久しぶりに愛車のロードバイクへ跨ってポタリング(サイクリング)に行ってきました。
最後に乗ったのが6月なので・・・半年振り?です。

旦那が会社の方々と年明け走りに行くそうで、
それが初心者と上級者の混合メンバーなので、先にルートの下見をしておきたかったみたいです。
確かに初心者以上に走れない私を連れていけば、コース難易度をはかる目安にはなりますね。チクショウ。

そんな訳で、今回もいつも一緒に走っていお馴染みのメンバー、
旦那、旦那の友達、私
以上の3名で走ってきました。

ポタリング記録

今回はこのルートを走って来ました。
20151224
旦那の上司(クライマー)が考えたルートです。
そう、旦那の上司(クライマー)が。

クライマーと呼ばれる方々は、ちょっと信じられないくらい山が好きみたいで、
放っておくと、すぐ山へ登ろうとします。
ルート考案者が上司(クライマー)と聞かされた次の瞬間、山の有無を確認したぐらいです。
今回は「1月に走るメンバーの中に初心者もいるから緩やかな坂しか無いルートにして貰った」そうなので、とりあえず安心しました。
とりあえずね。

いざ出発

IMG_20151223_5498
愛車を1階へ降ろします。
この子を外に出すのも久しぶりです。
ごめんよ、相棒。

IMG_20151223_40270
出発して馴染みの道を走ります。
空にかかる虹を発見。
残念ながらコンデジ(小さいデジカメ)では殆ど写りませんでした。

DSC01402_cp
伊丹空港まで着いたらルート確認しながら水分補給タイムを取ります。
この場所は、バズーカを打てそうなレンズをつけた方々が沢山いらっしゃいました。
飛行機の離陸・着陸を写真におさめようとしているのだと思います。

DSC01373
伊丹空港から更に走って、ようやく本日の出発地点へ到着。
けっこう迷いました。遠かった。

出発地点から、しばらく車通りの多い道が続き、写真を撮っている余裕はありませんでした。

DSC01383
車にクラクションを鳴らされ、大型トラックに幅寄せされ、
命の危険を感じながらようやく車の通らない道へ到着。
車通りの少ない道でありながら、舗装は綺麗にされていて最っ高の道でした。
川沿い気持ちいい!!田舎道ばんざい!!!

DSC01387
コースを走り始めてから1時間が経ったころ。
ある予想が頭に浮かび始めます。

休まらない足。踏んでも踏んでも上がらないスピード。苦しくなる呼吸。
何かがおかしい。これは、まさか…。

DSC01388
これ、坂のぼってますね。

この辺まで緩やかな坂だったので分からなかったんですが
見上げてみると、分かりやすく登ってました。
そして気づけば、いつの間にか山に入ってました。

気付いてしまってからが地獄でした。
登っても登っても登っても登っても
ずーーーっと登りが続きます。
何回か心が折れました。

山頂付近にいたる頃には私の足が耐えられず、最後は手で押して登る始末。
本当につらい山道でした。

DSC01394
登ったからには下りがある。
長く緩やかな下りは車も少なくて最高でした。
この快感があるから、なんだかんだ言いながら山を登るんですね、きっと。
でも、下り道は危険なのでスピードに注意です。

ルート変更

実はこの山を下った時点で結構な時間になってまして
急遽ルートを変更し、予定のルートを短縮して家に帰ることになりました。
DSC01396
帰る頃には足も体力も限界に近く、漕ぐのがやっと。
ただただ帰ることだけを考えてペダルを漕ぎ、なんとか家まで到着しました。
結局、トータルで6時間を超える走行となり、
帰りついた頃には体力も尽きて、足はガクガク、立ち上がることも困難になってました。

走行記録

Screenshot_2015-12-19-15-20-30~01
これが走行記録になります。
結構走りましたね。時間も凄くかかってます。
うーん、体力不足ですね。
Screenshot_2015-12-20-23-30-34
こちらが予定を変更して走った結果のルートです。
だいぶ短縮してます。

まとめ

DSC01409
おおよそ6ヶ月ぶりのポタリングは
寒くてキツくてしんどい走行になりました。
ただ、不思議なことに、また走りに行きたくてウズウズしています。
自転車って不思議な魅力があります。
とりあえず、今回の走行で気づいた課題をまとめて終わりたいと思います。

  • 体力が無い
  • 足の筋力が無い
  • 坂でのペース配分が下手

また近々はしって来たいと思います。

関連する記事

CATEGORY

ARCHIVE

NEW